作業療法に魅せられたOTの雑感を綴ります。クライアントとの協業の軌跡をまとめるため・・・自己の客観視と反省のため・・・自分の考えを文章化するエクササイズとして・・・様々な理由で日々の作業を綴っています。
    http://samuraiot.blog3.fc2.com/
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告  
    共有するべき文脈
    2010-03-25 Thu 23:35
     皆さんの臨床現場はシフト制ですか?

    来年度の診療報酬改定で盛り込まれた加算の関係で

    私の勤務する回復期病棟でもシフト制の365体制の準備を進めております。










     ところで、セラピストが休みの時に代行を他のセラピストに頼みますよね?

    皆さんは何を申し送りますか?











    日頃の実施プログラム?


    リスク管理情報?


    介入時間?


    訓練以外のスケジュール?













    色々な情報を申し送りしていると思います。













    しかし代行を請け負っていると何か違和感を感じることはありませんか?













    クライアントの生活背景は?





    何がクライアントのアイデンティティー?





    過去・そして今価値を何においている?






    作業的存在としてどのようなビジョンを描いている?     etc















    様々なものをクライアントと共有するパートナー(OT)であるからこそ

    私たちの提供するプログラム・言葉・表情など、"作業療法士"という環境因子が

    クライアントを健康へと導ける(共に)のだと私は考えます。













    何を大切に介入を行っているか?

    クライアントと何を見つめているか?











    発信する情報の色はこれで決まります。











    自分がクライアントと大切にしているもの・・・・











    それをしっかりと表現する能力










    今こそ研鑽の時期であると思っています。







    牛舎内作業遂行評価



     今回の記事に直接関係ありませんが、私の好きな写真。
    長年牛の飼育を行っており、入院中も牛が気になってしかたない女性。
    ADLは目標を達成するも、「牛の世話ができなきゃ私にはなにもない」。
    いてもたってもいられずに二人で牛舎内作業を細かく評価した時の写真。
    3ヶ月ぶりに彼女が近づくと明らかに空気が変わった。
     今もあの寒空の下、凛と張り詰めた静寂の中の暖かい空気感を
    はっきりと憶えています。
































     



     


    スポンサーサイト
    別窓 | 作業療法 | コメント:0 | トラックバック:0 
    <<"できる"こと"できると思える"こと | 侍OT(引っ越し先はBloggerです) | 意志のバトン>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 侍OT(引っ越し先はBloggerです) |

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    来訪者数

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。