FC2ブログ
    作業療法に魅せられたOTの雑感を綴ります。クライアントとの協業の軌跡をまとめるため・・・自己の客観視と反省のため・・・自分の考えを文章化するエクササイズとして・・・様々な理由で日々の作業を綴っています。
    http://samuraiot.blog3.fc2.com/
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告  
    伝える難しさ
    2010-03-21 Sun 23:54
     今日は回復期リハビリテーション病棟連絡協議会の診療報酬説明会で東京でした。私は回復期病棟の主役は看護・介護士だと思っておりますので、今回の改定・・・回復期病棟のあるべき姿を忘れずに体制作りをしていかないと・・・
    やらなければならないことが山積みです!

     ところで先日私の所属する支部からの依頼で同市の若いスタッフ向けに90分の講演をしてきました。依頼された内容は、大まかに言うと"作業とは"そして"作業療法とは"みたいな感じです。

     自分の若い頃を振り返ってみても、動作や機能面への洞察が興味の殆どであり、OTの専門性や広範囲理論については
    難解で曖昧な印象が強くて・・・なかなかその領域に足を踏み入れられなかったことを思い出します。

     依頼を受けた時点ですぐに自分に課したテーマは"内的動機付け"です。興味・関心が薄く、学習経験の無い事象について、いきなり"理解"を目標に指導を行うのは乱暴な行為であると私は考えています。"どんなに指導方法を吟味し、相手のレベルに合わせても"です。

     伝えたい想いが強い場合、内容を簡単にしたり一部を省略したりすることはとても難しい作業です。正直依頼を受けた瞬間に私の頭の中には伝えたいことが山ほどめぐりました。

     しかし今回はその殆どを省略するところから始めました。OSなどの内容を一部引用しながらのメタ領域の講演と、クライアントを構成している個別の意味・価値を持った作業の共有からのトップダウンアプローチについての講演・・・いかがだったでしょうか?

     作業療法の可能性に何となくワクワクし、
    作業的存在として対象者を捉えるための第一歩を踏み出してみよ~かな~?
    くらいに思ってくれた人がいたら大成功です。

     また機会があったらご一緒しましょう!!








     
    スポンサーサイト
    別窓 | 作業療法 | コメント:0 | トラックバック:0 
    <<トリートメント | 侍OT(引っ越し先はBloggerです) | はじめまして!!>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 侍OT(引っ越し先はBloggerです) |

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    来訪者数

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。