作業療法に魅せられたOTの雑感を綴ります。クライアントとの協業の軌跡をまとめるため・・・自己の客観視と反省のため・・・自分の考えを文章化するエクササイズとして・・・様々な理由で日々の作業を綴っています。
    http://samuraiot.blog3.fc2.com/
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告  
    共有するということ
    2010-06-16 Wed 23:13
    “意味ある作業”とはなんだろう・・・・

    “価値ある作業”とはなんだろう・・・・




    私は料理が大好きだが

    片麻痺になって料理がしたいかな・・・・・?




    ところで・・・

    なんで僕は料理が大切な作業なんだろう?




    家族の喜ぶ顔が見たいから・・・・

    娘と一緒に作業するのが楽しいから・・・

    たくさん理由があるな・・・







    じゃあ私が料理という作業が好きなのは

    娘との協業や家族を喜ばせることが好きだからなのかな?










    クライアントと作業を共有しようとするとき

    “項目”の共有は共有の入り口にしかすぎない・・・



    元通りの作業遂行が難しくても

    同じ意味を内包した作業なら

    作業の種類は異なっても満たされるかもしれない・・・?



    意味が変化してしまっても、同じ作業を継続し続けることで

    維持されること・守られるものもあるかもしれない・・・・?







    その作業に意味・価値を置く理由はなにか?

    意味・価値を内包したまま同じ作業への復帰は可能か?

    同じ作業への復帰が難しいとき

    意味・価値を守りながら別の作業を共に選択できるだけの

    深い階層での共有は可能か?






    作業とは心の現象ではないか?

    心から生み出される現象を

    心を抜きにして再現しようとするなど

    矛盾はないか?




    人間は自分の価値ある作業と・その理由を殆ど意識に上らせない

    そのため現象を再現する能力を失ったとき

    そこに込められた大切な意味・価値を守ろうとするよりも

    現象を構成していた機能への固執に目が向きやすい・・・

    その自らが気づいていないかもしれない作業を共有しようとし

    遂行の妨げとなる因子を評価・整理し

    遂行に必要な回復・学習・代償等を援助していく・・・・

    意味・価値を共に見つめながら・・・・・












    どんどん行動して結果を出そう・・・

    クライアントの主観の中に・・・

    rei_convert_20100616233033.jpg
    スポンサーサイト
    別窓 | 作業療法 | コメント:0 | トラックバック:0 
    <<自己決定という価値 | 侍OT(引っ越し先はBloggerです) | 革命の日>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 侍OT(引っ越し先はBloggerです) |

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    来訪者数

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。