作業療法に魅せられたOTの雑感を綴ります。クライアントとの協業の軌跡をまとめるため・・・自己の客観視と反省のため・・・自分の考えを文章化するエクササイズとして・・・様々な理由で日々の作業を綴っています。
    http://samuraiot.blog3.fc2.com/
    スポンサーサイト
    -------- -- --:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    別窓 | スポンサー広告  
    足音の意味
    2010-09-02 Thu 00:39
    76歳 Eさん

    三度の脳梗塞と腰部脊柱管狭窄症を既往にもつ

    彼の願望作業は散歩だった。



    春夏秋冬を問わず毎日二回散歩に出かけていた・・・



    季節を楽しむこと・・・

    毎日同じ人とすれ違い会釈をすること・・・

    散歩がてら食事の買い物をすること・・・

    大好きな古本屋まで歩き、掘り出し物を探すこと・・・



    様々な語りを共有した。



    病棟内歩行ADLが自立し、耐久性も少しずつ向上が見られたある日

    初回外泊が決まった。



    二人でグーグルマップを利用して

    いつも歩いていた散歩コースを視覚的に確認。

    休憩場所などの情報も共有した。



    最終的に古本屋に立ち寄り、帰りに行きつけのスーパーで買い物をして

    帰路につくコースを最終目標に設定。

    段階的に距離を伸ばせるよう、同じ道を通らずに家まで帰るルートを

    いくつも作成した。



    Eさんは初回外泊時に予定コースに早朝でかけた。



    次の月曜日、Eさんから提案があった・・・



    ○○ストアと古本屋に行った場合の距離を教えてほしい!

    今回何m散歩できたのかも確認したい!  とのこと。



    早速マップで確認作業を行った。



    それから毎週外泊を繰り返し

    毎回少しずつ距離を伸ばしている・・・



    もうすぐ退院日が近づいている・・・



    まだ古本屋にはたどり着けない・・・



    しかしEさんからは志半ばで退院するなどという後悔の念は

    感じられない・・・



    「これから涼しくなるから昼間歩けるようになる!楽しみだ。」

    「そのうち古本屋まで歩ける気がする。どのくらい無理をしたら

    明日に疲れが残るのかも分かるようになった。少しずつ自分で

    目的地に近づいていけるだろう」



    色々な前向きな語りも聞かれるようになった・・・



    人生にはストーリーが必要だ・・・



    肯定的観測のもとに生み出される“語り”が必要だ・・・



    その語りがその後の人生に追い風を吹かせるかどうかは

    語りが“作業経験”の元に生まれたかどうかだ・・・









    彼は古本屋には当分たどり着けないかもしれない・・・



    しかしもう退院しても大丈夫だと思った・・・



    定期的な外来フォローは勿論予定しているが



    彼は体力づくりのために歩いていない・・・



    彼は大好きな“散歩”という作業を楽しんでいる・・・



    古本屋を目指すのも“掘り出し物を選ぶ”のが好きだから・・・



    語りの重要性と主体的に作業する人間のたくましさ・・・



    彼の足取りから



    私達が目指すべき形を



    改めて教わった気がする・・・
    スポンサーサイト
    別窓 | 作業療法 | コメント:0 | トラックバック:0 
    <<価値の共有の先にある選択 | 侍OT(引っ越し先はBloggerです) | その人らしさの抑制>>
    この記事のコメント
    コメントの投稿
     

    管理者だけに閲覧
     

    この記事のトラックバック
    | 侍OT(引っ越し先はBloggerです) |

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    来訪者数

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。